覆面調査バイトおすすめ一覧

お得にお小遣い稼ぎをしたい人へ

雇用形態によって違いがある!保障や給与について

   

こんにちは!独身アラサーOLの優子です♡

みんなは自分の雇用形態についてちゃんと考えたことはありますか?
雇用形態は様々な種類があり、「正社員」「派遣社員」「契約社員」「パート・アルバイト」などいろいろな働き方があります。
雇用形態によって保障内容が違うことはみなさんご存知かと思いますが、実際に何の保障がどれだけ違うのか詳しく知らない方が多いのではないでしょうか。

今回は雇用形態によって変わってくる保障について比較してみました。

雇用形態によって保障は何が違うの?

働いている本人は意外と自分に関わる保障内容について知らない人が多いのですが、とても大事なことなので是非知っておきたいことです。
下の表は働き方によって保障内容がどのように違ってくるのか比較してまとめた表です。

雇用形態 労災保険 健康保険 国民健康保険 厚生年金 雇用保険
正社員
(会社の全額負担)

(半額負担)
×
(半額負担)

(自己負担あり)
契約社員
(会社の全額負担)
◯※1 △※2 ◯※1 ◯※3
派遣社員
(派遣会社の全額負担)
◯※1 △※2 ◯※1 ◯※3
パート・バイト
(派遣会社の全額負担)
◯※1 △※2 ◯※1 ◯※3
起業 ×
(組織にした場合は別)

(組織にしてない場合は加入)

(組織にした場合は別)
×
請負 × ×
(全額自己負担)
× ×

※1 正社員の4分の3以上の勤務時間数がある場合は加入
※2 会社の健康保険に加入していない場合は加入
※3 週20時間以上の勤務で31日以上雇用見込みのある者

正社員の保障について

正社員は健康保険、厚生年金、雇用保険など全てが保障されています。正社員=安泰というわけではないですが、他の雇用形態と比較すると保障が手堅い正社員で雇用してもらう方が、シングル女性にとって安心材料になります。
大手企業やしっかりとした会社だと、正社員であれば定年退職(60〜65歳)まで勤務でき、退職金の積み立ても会社で行ってくれています。

女性の場合、年齢とともに給料は緩やかに上昇していきますが、40代を境目に賃金が下降する傾向があるようです。ちなみに男性の場合、給料のピークは50代で、ピーク時の男女差は10万円以上あるのが現状です。
しかし近年のシングル女性の社会進出に伴い、男女の給与差はどんどん小さくなっていくでしょう。

できれば正社員で雇用されたいですが、正社員になりたくてもなれない人が山ほどいる時代です。万が一、このまま結婚をせず一生独身でいる場合、正社員で雇用されていた方が絶対に安泰です。

契約社員の保障について

契約社員とは、正社員と同じような仕事内容でありながら、雇用契約期間がある働き方のことを言います。
契約期間が満了し、実績が認められたら正社員の道はありますが、必ずしも正社員になれるというわけではありません。

2013年4月から雇用契約が5年を超えた契約社員を無期雇用にしなければいけない法整備がされましたが、これは無期契約になる約束をしただけで、正社員と同等の就業条件になるわけではありません。

契約社員は一般的に賞与や退職金はなく、給料は正社員より少なめです。また、会社の業績が悪化した場合、契約が更新されないという不安も常に考えておかなければいけないです。
その一方で、正社員よりも会社に縛られないというメリットもあります。

契約社員でも健康保険や厚生年金に加入できる場合があります。

正社員の4分の3以上の勤務時間数がある場合は健康保険に加入し、会社は厚生年金を半額負担しなければならないとされています。
ただし、会社の規模や理解度によっては社会保険に加入させてもらえていないケースもあります。

契約社員で健康保険や厚生年金に加入していないケース

  • 勤務時間が短い(正社員の4分の3以下)
  • 会社自体が加入を認めていない

派遣社員の保障について

派遣社員は、派遣元会社に直接雇用されている立場ですが働く場所は、それぞれの派遣先になります。雇用契約期間は3年など有期雇用で、派遣先が指定する業務をこなします。

派遣社員は派遣期間が3年と上限があります

派遣社員は指定された「専門26業務」を除いては、派遣される期間は3年と上限があります。また賞与や退職金が支払われることはほとんどなく、派遣先の正社員と比較すると給料が安いことが多いです。

派遣社員は35歳定年説もある?

派遣社員は35歳を境に紹介率がグンと下がってしまうことが現実です。
本来なら年齢制限をしてはいけないのですが、派遣先の会社からのニーズに合わせると、自然と若い年代が紹介されやすくなってしまうのです。
今の年齢で派遣社員として働けていたけど、35歳を超えてしまったら紹介してもらえなくなる心配もあります。

健康保険・厚生年金などの保障について

健康保険や厚生年金の保障は契約社員と同じで、正社員の4分の3以上の勤務時間がある場合、派遣元会社で加入することになっています。

パート・アルバイトの保障について

パート・アルバイトの場合、雇用期間は様々ですが、契約期間が6か月〜1年と決まっているところが多いです。賃金は時給制で、毎年10月に各都道府県ごとの最低賃金が発表されます。

健康保険・厚生年金などの保障について

健康保険や厚生年金の加入条件は契約社員と同じで、正社員の4分の3以上の勤務時間がある場合、加入することになっているのですが、パート・アルバイトの場合は加入している人が少ないのが現実です。
気軽に働ける雇用形態ですが、一生シングルで働き続ける女性には不安が多い働き方になってしまいます。

シングル女性なら正社員で雇用してもらうと安心です

今後、結婚をする予定があったり結婚願望がある方なら非正規社員として働くのもアリですが、一生独身で働き続ける女性は、正社員として雇用してもらうのが安心です。

現在25〜34歳の独身女性なら、まだまだ正社員として雇用してもらえるチャンスは十分にあるので、現在非正規で雇われているアラサー女性は転職をして正社員として働くことも考えておいた方がいいでしょう。

優子が登録している覆面調査のサイトはこれ!

ショッパーズアイ

ショッパーズアイはミクシィグループが運営する日本最大級の覆面調査のサイトです。覆面調査をやっている人だったらほとんどの人が登録していると評判です。
ショッパーズアイは覆面調査の数が多く、都市部だけでなく郊外や地方にある飲食店やヘアサロンの覆面調査もたくさん募集しています。
本格的に覆面調査を始めたい人は絶対に登録してほしいサイトです。

ファンくる

ファンくるは会員数60万人、掲載モニター数が5,000件以上ある大人気のモニターサイトです。
ファンくるは3分で完了する簡単なアンケートに答えるだけで、飲食店やヘアサロンのサービスが50〜100%OFFで受けられます。一般的な覆面調査のように謝礼金は発生しないですが通常のクーポンサイト以上の高い割引率でサービスを受けられます。

とくモニ

とくモニはヘアサロン・エステ・飲食店などのサービスを50〜200%OFFの割引率で受けられるモニターサイトです。
ヘアサロン・エステなどのビューティ関連のモニターが多く、女性は登録してほしいサイトです。他の覆面調査のサイトと比較すると案件数は少ないですが、20,000円以上の高額謝礼案件もあるので是非登録してほしいサイトです。

 - 女性は知っておきたいお金と仕事の常識